下山。
ウフルピークから、一気にホロンボハットまで降ります。
砂場を一気に滑り降り、と簡単そうですが、私は足腰が痛くなるので苦手です。
ハットまで3時間で戻り、スープなどの簡単は朝・昼食を取り、荷物をまとめて、ホロンボハットへ。
約4時間の長〜い下り。足もガクガクで、体力も限界。
ここで道に転がっている浮石が曲者に。足を取られて、捻挫してしまう人もいますので。
体がボロボロになりながら、ホロンボハットに到着。
しかし、気分は爽快。遠くに立つキボ峰を眺めながら、達成感を満喫します。
所要時間:14〜15時間
<五日目>
約4時間かけてマンダラハットへ。
ここでお弁当ではなく、コックさんが作ってくれる温かい食事を。
ここから、ゲートまで2時間。
長い、長〜いマラングルート登山も終わりです。
受付で、登山証明書をガイドから貰います。おめでとう、の歌付きで。
(下:登山証明書 縁が金はウフルピーク 縁が緑はギルマンズポイント)

(左上:ホロンボハット 下:キボハット)
ハット・山小屋について:
マンダラは、4人部屋と団体グループ用の大部屋が2つ
ホロンボは、4・6人部屋と大部屋1つ
キボは、10・14人部屋
ベットには、マットレスと枕がついています。
電気はありますが、ソーラーなので節電しないと夜中に切れます。
(キボは、太陽に近いからなのか、停電はこれまでないです)
ただし、ソケットはないので、電球の明かり以外に使えない。

マンダラとホロンボには、水洗トイレと水道あり。
キボは水道なしで、ボットントイレ。

季節:
4・5月は雨季にあたり、雪がたくさん降ります。11月も雨季ですが、雪はそれほど降りません。特に雪山登山の装備は必要ないですが、靴は良いものを。
森林地帯では、乾季でも雨は降ります。


Copy Right  By 大森 憲治